行事レポート 第5回卒業30周年記念事業

実行委員長 治田 泰行

【事業テーマ・内容】
~ 楔(くさび)~
同窓会活動の拡大・発展のため、卒業30年を迎える卒業生が中心となり、誰もが気軽に参加できるよう趣向を変え、記念事業の理念である幅広い世代との交流や感動の共有、共感ができる芸術鑑賞会「パペッション(ノンバーバル・パフォーマンス)」を企画。さらに懇親会では恩師を招き、同窓生から募った思い出映像の上映等を実施。

【運営体制】
同窓会の下部組織として、以下のメンバーからなる「記念事業実行委員会」を設置
委員長1名、副委員長4名、書記4名、会計3名、クラス統括2名、クラス委員28名、この他6回生、当日会場設営スタッフで運営
実行委員会の打合せは、平成27年1月24日より19回、各グループ会議も実施

【広報活動等】
記念誌発行 8,200部
新聞各紙、ひまわりNWに出演

【協賛企業等】
97件 116口

【開催概要】
同窓会総会後に、第5回卒業30周年記念事業と
懇親会を開催
日 時: 平成27年11月29日(日)
午前10時30分~午後2時30分
場 所:豊田北高体育館
出席者:264名(うち5回生 176名)

【総 評】
今回の記念事業は、母校開催の5回目を迎え、大変多くの参加者のもと、盛大に開催することができました。
この事業が恩師との再会や幅広い回生との交流の場となったことは、同窓生の絆をより強固に繋ぐ「楔」として参加者の記憶の1ページに記されたことと思います。
来年度以降も引き続き記念事業を実施してまいりますので、今後ともご理解とご協力をお願いいたします。

行事レポート 4回生卒業30周年記念事業報告書

実行委員長中根章

【テーマ】
~輪(わ)~

【事業内容】
同窓会活動の拡大・発展のため、卒業30年を迎える卒業生が中心となり、節目事業として、本校卒業生(29回生)のバイオリニストの山口尚記さんと友人でピアニストの山中惇史さんを招きリサイタルを、また運命分析鑑定士のユカリ令揚さんを招き講演会を開催

【運営体制】
同窓会の下部組織として、以下のメンバーからなる記念事業実行委員会を設置
委員長1名、副委員長3名、書記2名、会計3名、会計監査2名、幹事総括3名、クラス幹事12名、
ほか5回生スタッフ、当日会場設営スタッフ

【事業内容】
平成26年1月25日から実行委員会会議を14回開催ほか実行委員会各グループ会議を開催
同窓会総会後に4回生卒業30周年記念事業と懇親会を開催
日時:平成26年11月30日(日)
午前10時30分~午後2時30分
出席者:233名(内4回生115名)

【協賛企業等】
74件82口

【総評】
「リサイタルと講演会」を通じて同窓生の友情の「輪」を広げることができました。また、実行委員全員が懐かしい青春時代を思い出しながらの新たな友情の「輪」を感じられる貴重な経験となりました。来年度以降も引続き事業を実施してまいりますので、今後ともご理解ご協力をお願いいたします。